Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

黒魔61のワケ

答えはすごく単純で、ジラートの幻影竜騎士が追加されるまで

メイン黒魔だったから。

メインとは言ってもあくまで竜騎士までの繋ぎで、誰かにメインジョブを

聞かれたらまだ存在してもいないのに「竜騎士です」と答えていた。

黒魔時代は不遇時代が長かった竜騎士と比べてもハードで、

精霊魔法を使うMPがあるならケアルを使え、という大漂白時代だったが、

そんな中Otareのサポはシーフだった。

当時はまだ自由な風潮があったからよかったものの今やったら確実に

晒されているであろう。あ、宣告されてのキックならありました。

サポ白を使わなかった理由は、

「強いのわかりきってるから」とか「精霊魔法使うために選んだのに

ケアル士じゃあやる意味ないから」あたり。

ちなみに竜騎士が追加された時は黒魔道士のレベルは57だったが、

その後ENM「燃ゆる高空」にフレと通う内に知らず知らず61になっていた。

プロマシアミッション「畏れよ、我を」をクリアするために当時の竜騎士では

あまりにやれる事がなさすぎた(当時はサポ忍とか上げてなかった)ので

やむなく黒/白をやったのが唯一のPTでサポ白を出した機会。

ENMで上がったゆえ真っ白だったスキル上げとかはサポシでクフタルの

ミミズで上げました。

そういえば竜騎士はサポ黒も結構実用的なのが嬉しかった。

サポ黒でもヒールブレスは使えるため、元から多いMPでコンサーブMPつきの

ポイズンをトリガーにしたヒルブレや、敵によっては非常に発動率の高い

麻痺を与える事ができるアイススパイクに、移動のお供デジョンが備わり

最強に見える。

そんなわけで黒を現在上げている途中、と言う事は全くないので

竜騎士以外にサポレベル以上に上がってるジョブがあるのはどういう事なの!

という突っ込まれる問題は回避した。

広告を非表示にする