Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

キャラ対。マーリド編

やはり格闘ゲームでもRPGでもキャラ対策が重要。

なので最近当たる事の多いマーリドに重点を置いて対策を

考えていこうかと思う。

まず基本的な立ち回りだが、これは普段どおりHPオレンジ確認

ヒールブレス一辺倒でOK。ヒールブレスに使う魔法は

通常攻撃→通常攻撃の間に回復が間に合うバ系をメインに、

敵対心を高めたい場合やMPを回復したい場合はポイゾナも

併用していく。やはり通常攻撃のダメージによる敵対心の

減少が大きく、飛竜にターゲットが行きやすいのだ。

MP自体はバ系メインで稀にポイゾナ、程度で幽界の耳さえあれば

十分足りるので、食事はパスタ系を選択しHPを増強、さらに

サンクションセレクトもⅢの「食事効果延長」がよいと思われる。

対マーリドでの負けパターンは、やはりWSが絡んでのものが

ほとんどだろう。

ダメージ技に対しては、通常攻撃キャンセルで出してこられると

ヒールブレス発動用の魔法が詠唱中断された上、マーリドの通常攻撃1発に

耐えられるHP以下になってしまう場合があり、非常に危険。

この場合はスーパージャンプを使い逃げた後、チゴーの

攻撃を縫ってヒールブレス。HP安全圏確認でWSを使いチゴーを倒そう。

回復前にチゴーを倒す手もあるが、何かの間違いで本体にマーリドの

タゲがきてしまうと死を覚悟しなければならない。

チゴーが召喚されてから攻撃を始めるまでには間があるので、マーリドの

WSを食らう→バ系でヒールブレスのあとさらにバ系でヒールブレスが

間に合う。1回目のヒールブレス後まだHPがオレンジなようなら狙ってみよう。

ダメージ技ではない「吸印」と「牙門」だが、

吸印は基本的にノー強化でやっていればボーナス技。

出してきてくれたらラッキーくらいに思っておこう。

プロテス等をかけてやる場合はそれなりにめんどくさいが、それでも

誤差だろう。

牙門は後半はともかく序盤に出されると面倒な技。与ダメージが

減ってしまうのでどうしても飛竜にタゲが行きやすくなる。

スピリットリンクや、MP量と相談した上での自己ケアル等でしっかり

フォローしてあげよう。

以上の事を実行できれば、あとはダブルアタック+WSでWSがダメージ

高めだった時などの、ヒールブレス可能範囲外からの即死という竜騎士では

どうしようもない荒らしパターン以外ではほぼ負けないはず。

突き詰めれば準廃竜騎士:つよマーリドは8:2は付くと思ってるので

頑張っていきたい。