Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

スーパーオタレタイム

昨日から対戦のキレが異常によくて、

一晩でPPが600以上上がった。まさかの2883PP。

なんというか、身内とガッツリエンドレスやりまくったりしたのが

効いてるのかもしれない。

一期一会のランクマッチと違い、連続して同じ人とやり続ける

エンドレスだと初見殺し系の連携はやってるうちにバレてくる。

そこで勝負していこうと思ったら、やはり地力勝負になる。

クセや甘えなどをしっかり殺してきてくれるからこそ、

切り替えしや下がりを追うのが苦手なまことにとって重要な

「我慢強さ」が鍛えられた結果…と思いたい。

当たってしまうと高確率で負けていたサガットアドン、ザンギ、

フォルテあたりともそれなりに戦い方が見えてきたのも大きいかなあ。

やっぱキャラ対命。

画面端のEX疾風~6弱K後や起き攻めで前ジャンプ低空中剣が

いま自分のなかで熱い。

まあ立ってると当然正面ガードになるのだが、しゃがんでるとめくりに

なるキャラがいるのだ。もちろん見てから立つとかはかなり厳しいはず

なのでもう立つしかない。ジャンプで逃げようとした相手や、投げ暴れ、

しゃがみグラップで出る小足などにもヒットして、そこからのコンボで

EX疾風を入れればループするのでかなりのプレッシャーなはず。

めくりヒットした場合は立ち中P×2→EX颪の後低空剣で飛び越えて

また画面端を背負ってもらいましょう。

立ちガードをするようになったら投げ達の出番。

画面端で一気に殺す事ができるようになれば、飛び道具持ちに

飛び道具を撒きながら下がられるというイヤな展開も

「お前画面端に行ったら覚えとけよ…!」と闘志もわいてこようもの。

昔はガン下がりになす術なくて捨てゲーとかしてたもんなあ、

我ながら情けなし。