Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

よいお年を

年末の仕事の忙しさも最終週に入ってからはそれほどでもなく、

帰ってきてから2アカ動かしつつのメイジャンなどで

闇維持費-5のヤマの杖ができたり、

ペット魔攻杖を作り始めゴーストトドメ150の残り29まできたり、

なかなかの進展ぶり。

その日は年内最後のログインだったので、適当に

またメイジャンでもしてから「よいお年をー」とか挨拶して

落ちる流しモードでいいかなあと思っていたのだが…!

RajaとRaniに行く事になりました^^

カトゥラエ族のこの2体は、神竜BFに入れるようになるにあたって

間違いなく最大の関門。

それを、先日の黒フレが主催したいとの事。

前の灰塵取りとは違い、Raniのドロップアイテムで

非常に魅力的なものがあり、天神地祇の薬を使わないとそもそも

倒す事すら難しいので薬を使った人が最低一品優先でもらうってのが

よくあるため、称号を取らせてくれがてらでみたいな感じ。

まずは揃ってないトリガーを揃えるため、身内でアルテパとグロウベルグへ。

アルテパの戦車>鉄巨人でRaniのトリガーを揃え、

グロウベルグの戦車>鉄巨人でRajaのトリガーも揃った。

そして白門でシャウトし、すぐにフルアラとなった。

Rajaから。こいつはRaniに比べると全然理解可能な強さなのだが、

それでも普通に強い。盾へのしっかりとしたケアルシャワーと

それを阻害されないポジショニングが肝心。

特殊技に、範囲大ダメージ+一定時間サポートジョブ無効という

恐ろしい技があり、竜騎士とかだとくらってしまうと基本的に

やる事がなくなってしまう。

しかしこの技はRaja中心の範囲攻撃なので、角度を調整すれば

盾に魔法は届かせつつもサポ無効技は届かないという位置取りができる。

これをしっかりすると、最後の方でタゲがふらついて少しピンチになったの

以外は終始安定。普通に撃破できました!称号ゲット!

で、こっちは主催の黒フレが欲しい物もないので青弱点はつかず

元からトレハンとかもなかったのだが、前回いってたエースマフラが

ドロップしていた。4人くらいでのロット勝負にあっさり負けたので惜しくも

手に入らなかったものの、戦い方を徹底すれば身内フルメンバーで

何とか勝てそうだし思ったよりはだいぶ現実味のある装備なのかも?

少し希望が見えた。

そしていよいよ問題のRaniである。

メテオあり魅了あり吸収ありダメカットあり等、強い要素を

これでもかと詰め込んだアビセアでも最強クラスの敵。

まともに戦って倒すのはよっぽど訓練された集団でもないと無理なので、

天神地祇の薬前提で、50%以下での範囲魅了アビを使ってきたら

それに合わせて薬を投入し一気に削り殺そうという。

首尾よく青赤弱点を突き、あとは薬パワーで押し切るだけ!なのだが!

倒すまでに薬3個投入するという事態に。

魅了とアムネジア、吸収、回復がいやらしすぎる。

挑める人数が神竜は6人、こちらは18人と違いはあれど

神竜は薬使えばソロでも倒せるのにこちらは18人が死にまくりつつ

1時間近くかけて20万クルオもする薬品を3つ使ってギリギリ倒すとか

どんだけの強さなのかと。お前がナンバーワンだ。

なんとか撃破し称号をゲット!

黒フレも目当てのヘカテーピアスを手に入れれて、まあ目的は

無事達せられたのでよかったといえよう。

この後解散してから再びLSの残った人で集まり

ブンカールのSippoyを倒しにいくという元気さ。

このカトゥラエさんはポップ条件にブンカールの水質が絡んでるとの

噂で、型紙マラソンをやる人が時間が経てば減る一方であろう事、

型紙マラソンをやるにしても失敗でも型紙が手に入るもんだから

適当にやる人も多いであろう事等、将来的にそもそも戦闘する機会が

得られるかどうかが怪しかったので、できる時にやっておこうと。

忍フレはこれを倒す事で神竜BFに到達できるみたいだしね!

ブンカールに行ってみると、いましたシポイさん。

水を汚すものは許さんというエコノミストだが、称号のためには

容赦なく死んでいただくしかない切ない世界。

さっきまでのNM達と比べるとザコもいいところで超余裕で撃破。

これで称号を1日で半分の3つゲット!すごい!はやい!

というところでこの日は落ち。

今年はレベルキャップが6年以上ぶりに開放されたり、

世界に大幅な変化をもたらすアビセアが実装されたりと

FF11的には激動の一年であった。

来年はアビセアが終了した後でどういったコンテンツを

打ち出してくるのかとか、既存コンテンツの調整は?

既存装備のメイジャンによるある程度の保護は?など

アビセア自体はよかったけど、じゃあゲーム全体のバランスを考えたら

本当にアビセアってよかったの?というのが問われる一年になりそう。

そして自分にとってもコツコツやってきた竜の髭作成が

ついに実を結ぶかもしれない…という事でやはり熱い一年となろう。

とりあえず今年はこれで終了。よいお年を!

広告を非表示にする