読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

中級者レオパルドン

みんなで集まってのミーブル・バローズ2回目。

今回は中級にいってみますよ。

プログラム1は敵の殲滅。

といっても数は多くなく、広めのマップに散在している

ウェポン族を倒す感じ。まさかの一方通行とかに

ヤキモキさせられつつも問題なくクリアで。

プログラム2はゴールに辿り着く系。

誰も見つからずにゴールできれば目標3を達成できるのだが

すごい狭い通路に聴覚感知のコウモリがいてこれどうすんの!

…と思いきやナイズルのギアのようにこちらから敵対行動を

取れば見つかった扱いにならないという。

ディアで釣った時に近くにいたコウモリがリンクしてしまい

目標3は達成できなかったが、次やればまず間違いなく大丈夫でしょう。

プログラム3は大量にいる骨を全て倒すというもの。

モグラは絡んでくるけど倒してしまうと目標3を達成できないので放置。

まあ攻撃力が大した事ないので問題はない。

ここで対骨用に鍛えてきた両手棍を実戦投入。シャッターソウルが

安定して強いしやっぱり両手槍のまま戦うよりは断然いいですね。

プログラム4はバローワームをOllekに。

なに?インド人を右に

文章だけだと何がなんだかサッパリだけど、要するに

ミミズを倒す、採掘する、???を調べるのいずれかで手に入るバローワームという

テンポラリアイテムをOllekというNPCに渡す。というもの。

単純に戦闘だけじゃないのがミーブル・バローズの楽しいところだなあと。

そして最後のプログラム5で単純な戦闘。

ボスはある程度削るごとにバラバラなってターゲットが切れて、

しばらくすると元に戻って直後に強制脱衣+着替え不可になる範囲の広い技を

使ってくる。離れる余裕は十分にあるので、わかってしまえば楽に戦えた。

肝心のドロップは…!

デャーナロッド2本(゜Д゜)

「デャー」とかガイくらいにしか使われる事のない発音だと思ってましたよ。

ミーブル・バローズは現状強制排出が大問題になってるけど、

身内でやってる分には対策の前も後も発生した事がない。

発生したら一気に熱冷めそうな気もするし早く対処してほしいなあ。