Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

僕の棍棒

操虫棍、意外と操虫の威力が高いような気がする。

エキス集め用の中距離でもそれなりにダメージを取っていけるなら

やっぱり万能感がすごい。

近距離戦で自分が多用するのは、

 ・X→X→RXorRA

 ・レバー入れX→X→RXorRA

 ・レバー入れA→X→X→RXorRA

X始動は高い位置を攻撃できるので尻尾を狙ったりする時に重宝。

レバー入れXはとにかく発生が早い。リーチもあるのでちょっとした

隙に当てていける。

レバー入れAはリーチが非常に長い。武器出し攻撃も

これと同じ技なので必然的に多用する事になる。

もちろん危険を察知したらキャンセルで回避行動に移る。

操虫棍の攻撃は特に赤エキスがある時はヒット数が多く

ヒットストップがかなりかかるのであまり欲張らないのが大事。

早めに回避行動に移ってみて余裕がありそうならレバー入れXを

改めて当てにいくくらいでいい。

モンスターダウン時などチャンスにはX→X→RXorRAを

繰り返し当てていく。全て位置を変えずに出せる攻撃なので

まとまったダメージが奪いやすい。

X1発目と2発目から派生で出せるレバー後ろAは

大きく後方に飛びのきながらの攻撃。

ここからさらにRBで後ろに飛んで大幅に距離を離してみたり、

前に飛んで元いたあたりへジャンプ攻撃など変態っぽい動きを

する際にはお世話になる。

やっていきたいのはこの辺だが、逆にやってはいけないのは

抜刀中にRを押しっぱなしにする事。Rを押しっぱなしにしている間は

 ・放し→印弾の発射

 ・X→虫の発射指示

 ・A→虫の帰還指示

 ・B→ジャンプ

 ・Y→納刀

となっているが、Rを押してしまうとしばらく待ってロックオンサイトが

消えるまでどれかの行動を取らないといけなくなる。

焦ってRを離してしまおうものなら悲惨。大きな隙を晒すハメになる。

もしこの状況に陥ったら、自分が狙われてないなど

安全そうなら納刀。狙われている時は即Xで指示を出してRを放し

通常状態に戻る。抜刀中の指示出しは動きながらできる上に

動作も小さいので一番安全だ。

覚えておきたいのが虫のスタミナが切れている場合。

この場合は強制的に主人のもとへ帰還してくるが、

その帰還中に指示行動を取ると…印弾の発射になってしまう。

虫のスタミナがどれくらい残ってるかはパッと見わかりにくいので

気をつけにくいところではあるが、怪しければ納刀するのを

優先してもいいかもしれない。

基本的にはこんな感じの事を頭において立ち回ってます。

操虫棍はできる事が多いのでベストの選択をするのが難しいけど、

システムと相性がいいのは間違いないのでちゃんと

立ち回ればちゃんと見返りもついてくるいい武器だと思います。

広告を非表示にする