Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

【壱之太刀・燕飛】

太刀はじめました。

やってみた感じだと、斬り下がりや移動斬り、回避を駆使して

張り付きながら気刃斬りを狙っていくのが楽しそうと思った。

それなりに使い込んだ操虫棍との比較だと、

近付かないとやれる事が全くないけど近距離での立ち位置調整や

小回りは操虫棍よりイケてる感じ。

専用ゲージである練気ゲージの仕様が前作までと変わってるみたいだけど

今まで太刀を使った事がなかったので比較不能。

一応どう変わったかというと、

 前作まで→赤ゲージ状態で気刃大回転斬りを当てると

        赤ゲージの効果時間が最大値まで戻る。

        ゲージがなくなると一段階下のゲージになる。

        白:5分 黄:3分 赤:1分

 今作→赤ゲージ状態で気刃大回転斬りを当てても

     赤ゲージの効果時間は戻らない。

     ゲージがなくなるとゲージは初期状態に戻る。

     白:7分 黄:4分30秒 赤:2分

この仕様変更のために世間ではオワコン扱いされてるっぽいけど、

トータルではそんなに差がない気はするなあ。

前作までの仕様だと1分内にチャンスが訪れている限りは

ずっと赤を維持できる事になるけど、怒り時には手がつけられない

モンスターもいるし赤に入ったはいいが大して何もできないまま

黄に戻るという事もあったはず。

むしろ黄の時間の増加によりモンスターのエリア移動で

黄を維持できなかったという事が減るのがゲームの流れ的には

合ってる気がする。

まあ赤までいっておきながら2分間で大したラッシュを

かけられなかったとか、

黄の時にグダグダになって無色に戻ってしまったとか

超悲惨な状況に陥る事もあるんだろうけど。

操虫棍と違って種類がちゃんと豊富なので

色んなモンスターの素材を集めてきて武器を鍛えていく

伝統の楽しみ方もできるし、ランスともども

操虫棍メイン、太刀とランスサブで楽しんでいこう。