読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

今日から勝てる!竜騎士丸わかりガイド

上位ミッションBFで竜騎士が一番気をつける事は結局のところ

「即死しない事」。

 ① 空蝉がない、もしくは減っている時はタゲを取る行動をしない

 ② ハイジャンプ、スーパージャンプはタゲを取ったら即使う

 ③ タゲを取ってなくてもリキャストに余裕があれば早めに使う

 ④ 即死級の特殊技を持つ相手には特殊技の直後にWSをうつ

 ⑤ 竜剣、フライハイを活かす

①は徹底したい。空蝉がないのにWSをうってカウンターの特殊技で

即死とか万死に値する行為。

②も徹底。蝉弐のリキャストあるししばらくは大丈夫~とか

余裕ぶっこいてるとすぐ後悔する事になる。

③は割と個人の感覚なので難しいところだけど、

ハイジャンプ、スーパージャンプの両方が使える状態なら

まだまだタゲは取らないだろうっていう段階でも使っちゃって

いいと思う。

④は具体的にはカムラナートの光輪剣とか。空蝉が3枚ある状態でも

突き抜けてきて即死する事もザラなのでTPを放出した直後に

WSをうつようにしたい。

⑤は30分の戦闘の中でジャンプ3種のリキャストを即時回復できる

強力な行動を2回も使えるのだから使わないのはモグリ

よっぽど負ける要素ないとかならまあいいけど、どうせ1時間で

リキャストするんだから1発勝負のBFなら使わないのは損。

このへんを意識してれば間違いはないと思う。

あと当然ながら飛竜はBFに入る前に呼び出してコールワイバーン

再度使えるようにしておくべし。

呼び出す際はウィルムメイルを装備してサポートジョブの特性を

つけておく事。サポ忍の場合はモクシャがつくので特に重要。

飛竜はスピリットリンクやステディウィングでなるべく長生きさせたいが

あえなく撃墜されてしまった場合、基本的には竜剣に備えて

再召喚は控えた方がいい。

戦闘不能になってしまった時はディープブリージング+

レストアブレスで衰弱復帰時の回復を自らすれば後衛の

負担が軽減される。

その後飛竜を呼び出したまま戦うか送還して竜剣に備えるかは

状況次第。

衰弱中にアレイズ以外なら必ずステディウィングのリキャストが

回復する事を考えれば呼び出したままで問題ない事が多いかな?

もし再度撃墜されそうになったら多少タイミングが早くても

竜剣を使ってしまってもいいし。

基本的には物理アタッカーという事で単純なジョブではあるけど、

細かいところを詰めていけば結構差は出てくる。

メイン竜騎士を名乗るならできるところはキッチリこなして

充実の竜騎士ライフを送りたい!