読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

最後の最初

ヴァナ・ディールの星唄の1章をやったので感想。

…短い!!

仮にも長い歴史の締めとしてのミッションなのに数時間で

終わるとは思ってなかった。

あと8月と11月に2章と3章が同じくらいのボリュームで実装されて

終わり?そんなはずはないと信じたい。

そしてミッションを進める事による特典が破格すぎる。

経験値とキャパシティポイントはほぼ常時2倍キャンペーン状態。

レリックやミシックの作成に関わるコンテンツも再入場の

時間制限が劇的に短縮されて実質の大幅緩和。

ダメだとは言わんけど、メジャーバージョンアップが終わってから

ちょっとでも長く遊んでいようと思ったらこういう緩和は

逆効果だと思うんだけどなあ。

満足してホントの意味でのエンディングを迎える人が多そう。

1章では便乗トリオの活躍が目立ったけど、2章や3章では

今までのミッションのヒロインを初めとした色んなキャラが

出てくるんだろうし、さすがにもっと盛り上がるかな?

そしてヘヴィメタルやリフトシンダー、ドロス、高純度ベヤルドあたりの

入手も緩和されていくんだろうか?

とか何とかやってるうちに6月のバージョンアップが!

今回は小規模だけど、ついに椅子に座るモーションが増えたのが

感慨深い。

ジョブ調整でも竜騎士の文字が見えたので「おっ!?」と思ったけど

ブレスの発動が遅くなるだけでショボーン

飛竜のスーパージャンプがスーパークライムになりますに通ずる

ものがある。

環境によってはこの調整で装備セットが反映されない事がなくなって

だいぶ安定感増すって人もいるんだろうけど、

自分はブレスの発動が1秒で特に困ってはいなかったので発動が

遅くなる分むしろ弱体。

そもそも竜騎士絶滅危惧種な問題(いまは全前衛ジョブが、だけど)を

解決するためにもっとやる事あるだろうと。

まあ強い敵を作ろうとしたらまず前衛ジョブが要らなくなる作りの戦闘なのは

ずっと昔から続いてる事なので今更解決しろとか声を荒げる事もないけど。

とりあえずギアスフェット?とかいうのをやってみたくはあるけど

竜騎士の出番はやっぱりなさそうで悶絶する。

そしてもしやれたとしても欲しい装備が全くなくてさらに悶絶する。

広告を非表示にする