読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Deep Breathing

Sirenサーバーで活動中の竜騎士のブログです。

11月10日パッチ後のストレイフ効果アップ

FF11

今回のパッチ情報の中の不具合修正の中にある、

アイテム「WMブレー+2」のオーグメント効果

「ストレイフ効果アップ」が機能していない。

※飛竜がブレスを実行した時にTPを得る効果に

変更されました。

この記述。

飛竜がブレスを使用した際にTPを消費しなくなったために

過去の性能が機能しなくなったために今回のパッチで

ストレイフ効果アップの効果が変わったのだが、

結構気になる記述ではないか。

にもかかわらずネットを見ていてもどんな効果かは

いまいちわからない。

なら自分で試すかってなわけで、メリポ項目のストレイフ効果に

メリポを振ってみた。その結果は…

 0振り…飛竜のTPに変化なし

 1振り…飛竜のTP50増加

 5振り…飛竜のTP250増加

という結果に。0振りでも試してみたのはストレイフは元々は

メリポ特性だったが、後から標準で持っている特性に変更された

経緯があったから。

この結果から、PTブレー+1の「ストレイフ効果アップ」とは、

「飛竜がブレスを使用する度に1振りにつきTPを50得る」

効果だという事がわかる。

で、これを踏まえて使いどころはあるかというと…ある。

いやむしろ超ある!

近年の戦闘はMBがメインのダメージ源だが、それに対して竜騎士

できる事といえば連携を起こす事くらい。

にも関わらず敵の攻撃は苛烈で、回避も高く近づけないし近づいても

まともにTPを溜めれないという酷いありさま。

そこでこの効果である。

飛竜のブレスの種類には縛りがないため、1分毎に使える(ジョブポ550の

ギフトで50秒毎に短縮!)レストアブレスでもTPを溜めれる。

この効果でためたTPをスピリットリンクでいただきつつ、

黙想やカリエイリング、与TPのないスピリットジャンプ、ソウルジャンプで

敵に近づくことなくTPをためる能力は侍に比肩する…

かもしれない!

ちなみにこの調整を受けて自分はアンゴンを0振りにしました。

前述の通りメインのダメージ源がMBになってるし、敵の攻撃が強いので

複数の前衛で殴るという状況はほぼないから。

昔はアンゴンとディープブリージング5振りが鉄板だったのに

いまやエンパシーとストレイフ効果5振り。時代は変わるものだ。